日本ブラジル音楽普及協会 概要

法人名  一般社団法人 日本ブラジル音楽普及協会

事務局  107-0052

               東京都港区赤坂8-6-9-416

               電話 03-5545-5353  FAX 03-6447-2898

               E- mail  info@jbofa.or.jp

名誉会長   元文部大臣 衆議院議員  鳩山邦夫

名誉理事長 中松義郎

理事長    石田貴志代 (ケイ石田)

事務局長   高橋幸宏 (協会窓口)

■主な活動内容

音楽を通じた異文化交流を行います。協会ではアーティストや専門講師が出演し演奏・ダンス講座等を通じた一般の方々との交流により、「音楽を通じた異文化交流」が出来ると確信しております。

■ライブ活動の支援

ブラジル音楽アーティストの紹介。各種イベントの出演依頼や、ワークショップなどの企画を行います。ポルトガル語の発音や歌詞の紹介、指導等も行います。

■理事長 ケイ石田 プロフィール

1968年中村八大音楽事務所所属。

第1回カンツォーネコンク−ルで2位受賞。中村八大氏の推薦にて、ブラジル、サンパウロの小野敏郎(小野リサ父君)に招聘され1年間小野氏経営 のクラブにて現地ミュ−ジシャンの中で歌い、ボサノバギターを習いながらブラジル音楽を習得した、本格派歌手。帰国後、東芝EMI専属歌手として3年契 約。

中村八大作曲、かぜ耕司作詞の「時は流れて」でデビュー。テレビ、ラジオ局に多数出演。その後ソロシンガーとして独立し、元東芝の宣伝部小田氏 (プロボーラー中山律子、御主人)の紹介で湯川れい子女史を介しロンドンにて、新開店クラブの専属歌手となり、渡英。帰国後、本格的歌手活動を始め、日本 が世界に誇るギターの巨匠、高柳昌之氏を自己のブラジルバンドに迎えて、活動する。

1988年大野雄二プロデュ−ス&アレンジ、演奏ブラジル音楽を唄った「波間」(日本コロンビア)をリ−ス。

1992年には、有限会社ケイセェイを、音楽シーンパートナー、Stan Gilbert(スタンギルバート)氏と設立。インターナショナルミュージックをプロデュース、招聘する事業を開始。また、赤坂にて、ボサノバ&ジャズク ラブKeiをOpen。ライブクラブを経営する傍ら、NHK・TV・ BS ハイビィジョン、FM・NHKスタジオセッション、「ブラジル音楽の世界」の特別番組出演。日本音楽家協会主催、GINZA DE MUSICヤマハホールにて「ボサノバの夜」自らプロデュース、出演。ギターの巨匠、ケニーバレルを迎え草月ホールを皮切りに日本各地の夏のコンサート と、年間を通し、幾多の企画コンサート、ライブに出演。多数のトッププレヤーと共演。

又、ボサノバに限らず、ジャズ、ラテン音楽とジャンルの枠にとらわれず歌う。作詞作曲等も手がけ、多方面に活動を精力的に続けている。CD「波間」「ESTATE」がある。

2009年、ジャズワールド社より特別功労賞を受ける。



サブメニュー

トピックス